つまがりレポート見どころ情報局 船橋一直線84号配布スタ―ト

皆さまお待たせしました~。
船橋市議会議員3期目を迎えて初めてのつまがりレポート84の配布がスタートです!

つまがりレポート84号ここが見どころ!

・ 議会での近況報告
・市議選の投票率低下と「広報委員」としての発信の重要性
・「文教委員」のお仕事についての解説

レポすけCheck!

レポートの最初にも「お約束した広報と文教施策への注力」とあるように、
広報委員会、文教委員会の仕事と役割を、グラフを交えて解説しています。
特別支援学級の設置割合データは他で見る機会がないので、船橋市の現状を知ることができます。

さあ!レポート84号を読みたくなった方!
レポート84は下記リンクからもご覧いただけます↓

http://www.tsumagari2010.com/report/1794/

駅頭活動などでも配布しておりますのでよろしくお願いします!

■インフォメつまがり■
一日限りのつまがり事務所復活!!
6/29(土)10時~16時(出入り自由)
場所:カフェオリーブの木
(船橋市習志野台1-5-5 高根木戸駅徒歩3分)
参加費は無料です。
お気軽にお立ち寄りくださいませ~

新たな市議会がスタート「広報と文教施策へ注力!」【船橋一直線!84号】

議会での近況について

船橋市議会議員選挙を終えて、早1か月が過ぎます。
6,976票、上位で当選させていただくという過分な評価をいただきました。気持ちを引き締めて日々臨んでいきたいと思います。
個人としては充分過ぎる結果でしたが、市議会では投票率が過去最低、県議会よりも低くなりました。
過去を振り返っても下げ止まらない状況です。

船橋市議会議員選挙の推移
船橋市議会議員選挙の推移

政治全体への「しらけ」もあるかと思いますが、やはり市政や市議会が市民生活とどうつながっているのか、見えない、何をやっているのか、わからないというのが大きいと思います。
私個人としての発信を強化していくことは勿論ですが、議会全体の発信の必要性を感じます。
経済の世界では、競争相手がある様々な業界においても「業界」全体の信頼を上げるための取組みがあります。

しかし政治においてはいささかそういった取組みが足りないと感じます。
この取組みの拠点となるのが市議会の広報委員会であると思います。
5/21、22そして5/30~7/3に議会が開催されています。この議会で広報のより活性化を図る議論を喚起したいと考え広報委員を希望しました。
また他会派の皆様からもご推薦いただき、広報委員長を拝命しました。市議会全体の広報の強化、信頼の向上を目指して委員会の議論の活性化を図って参りたいと思います。

就任した文教委員とは?

6年ほど前に2年間務めました文教委員会。
学校教育と図書館・公民館といった社会教育、いわゆる大人の学びの場を担当する委員会です。

特に私は船橋市における特別支援教育(障がいのある子ども達も学びやすい環境をつくっていくこと)の強化を求めてきました。
船橋市では市立特別支援学校を独自に設立し力を入れてきました。
しかし市内の小中学校における特別支援学級の設置割合は小学校54校のうち26校(48%)中学校27校のうち15校(56%)です。
全国的に見ても船橋市は設置校の割合が低い状況です。(下記グラフ参照)。

特別支援学級の設置割合(中核市)
船橋市と同規模である全国58中核市を緊急に調査し、57市から回答を得ました(1市は未回答)。

文教委員会では一委員としてしっかりと問題提起をしていく覚悟です。
特別支援教育は福祉分野との連携も重要になります。
引き続き大学の専門家の先生方からも知見をいただきながら取り組んでいきたいと思います。
また市民の皆様からのご意見もお待ちしております。

高根台第三小学校
私の地元高根台第三小学校では、3つの特別支援学級が設けられています。知的障がい、自閉・情緒の障がい、聴覚障がいです。障がいのある子も無い子も共に学び合う取組みが進められています。

今日のつまがり【レポすけの市議会ウオッチング!】令和第1回定例会6/11(火)つまがり俊明一般質問録画配信のご案内

レポすけです!

6月11日(火)令和第1回定例会一般質問にて「従来」というスタイルで登壇したつまがり。
一般質問の様子は「船橋市議会本会議録画中継」でご覧いただけます。

が。そこは「今日つま」。ただ録画中継をご案内するだけでは趣がない。

ということで今回は、つまがり監修のもと、「レポすけの市議会ウォッチング!」と題し、 登壇したつまがりがどのような質問をしたのか、どんな答弁が行われたのか、 ざっくりとした流れをご紹介します!

【最初の登壇】

【質問内容】
1.特別支援教育について 
2.墓地について
3.防災について
4.行財改革について

今回は「従来」スタイルですので、まずは登壇し、1~4までの項目をまとめて質問します。

【回答】
1.特別支援教育について→学校教育部長が回答
2.墓地について→環境部長が回答
3.防災について→市長公室長が回答
4.行財改革について→企画財政部長が回答

投げた質問の順番どおりに、担当者が登壇して回答をします。

【二回目の登壇】

【質問内容】
1.特別支援教育について
2.行財改革について

レポすけcheck!

今回、つまがりは一回目の4つの質問のうち「特別支援教育について」と「行財改革について」に焦点を絞りました。その中で、注目したいのは「特別支援教育について」です。
一回目、二回目の「特別支援教育について」の質問内容をまとめてみました!

(一回目)
・近隣地域はもとより、全国58の中核都市よりも遅れている船橋市の特別支援学級設置について、船橋市はこの状況で十分と考えているのか、特別支援教育にどのようなビジョンを持っているのか?

(二回目)
・今現在取り組んでいる総合計画の中ではより高い目標を掲げるべきと考えるが船橋市の見解はどうか?
・特別支援学級設置には船橋市の財源をどの程度要するのか
・人的資源として県教育委員に特別支援教育の養成課程を経た、あるいは経験のある職員の配置をもとめていくべき考えるが、 現状はどうなのか?

このように一回目と二回目の質問を比較してみると、二回目の質問では深く掘り下げた内容になっているのが分かります。
このように、質問の本数を減らしてより詳細な回答を引き出すのも「従来タイプ」の特徴です。

【三回目の登壇】

一問目、二問目を総括です。
最後は以下のような言葉で締めました。

「すべての子どもたちに地域の学びの選択肢多様な学びの選択肢を作っていただきたい 人生100年時代における船橋全体の未来への投資となります」

質問、回答合わせて31分弱。

すべての内容は下記URLよりご覧いただけます。

スマートフォン用
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video_View_s.asp?kaigi=42&NitteiID=1335&SrchID=4147

パソコン用
https://funabashi.gijiroku.com/g07_Video_View.asp?SrchID=4147

今後も一般質問や委員会などがありましたら、このようなスタイルでお届けします!
以上、レポすけがお届けしました~



今日のつまがり 令和第1回定例会6/14(金)一般質問

6月14日午前10:00スタート 令和元年第1回定例会

一般質問の予定は以下の通りです。

1.鈴木いくお議員   公明党 対面
2.小平奈緒議員   自由市政会 従来
3.浦田秀夫議員   市民民主連合 対面
4.神田廣栄議員   市民民主連合 対面

質問内容などの詳細は下記を参照に!

https://www.city.funabashi.lg.jp/assembly/001/32/001/p070407.html

★船橋市議会は本会議の様子をLiveでご覧いただけます!

https://funabashi.gijiroku.com/g07_broadcasting_s.asp

★録画はこちら(反映に日数がかかります。過去の本会議を見たい場合にどうぞ!)

本会議
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video_Search_s.asp

委員会
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video2_Search_s.asp

今日のつまがり 令和元年第1回定例会6/13(木) 一般質問

一般質問の予定は以下の通りです。

1.池沢みちよ議員   みらい@船橋 対面
2.大矢敏子議員    自由市政会 従来
3.高橋けんたろう議員 市民民主連合 従来
4.渡辺賢次議員    自由市政会 対面
5.松崎さち議員    日本共産党 従来
6.鈴木心一議員    公明党   従来

質問内容などの詳細は下記を参照に!

https://www.city.funabashi.lg.jp/assembly/001/32/001/p070407.html

★船橋市議会は本会議の様子をLiveでご覧いただけます!

https://funabashi.gijiroku.com/g07_broadcasting_s.asp

★録画はこちら(反映に日数がかかります。過去の本会議を見たい場合にどうぞ!)

本会議
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video_Search_s.asp

委員会
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video2_Search_s.asp

今日のつまがり 令和元年第1回定例会6/12(水)一般質問

6/12(水)の一般質問の予定は以下の通りです。

  1. 桜井信明議員   公明党 対面
  2. 朝倉幹晴議員   みらい@船橋 対面
  3. 宮崎なおき議員  市民民主連合 対面
  4. 松橋浩嗣議員   公明党 対面
  5. 林利憲議員    自由市政会 従来
  6. 岡田とおる議員  市民民主連合 従来
  7. 神子そよ子議員  日本共産党 対面

質問内容などの詳細は下記を参照に!

https://www.city.funabashi.lg.jp/assembly/001/32/001/p070407.html

★船橋市議会は本会議の様子をLiveでご覧いただけます!

https://funabashi.gijiroku.com/g07_broadcasting_s.asp

★録画はこちら(反映に日数がかかります。過去の本会議を見たい場合にどうぞ!)

本会議
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video_Search_s.asp

委員会
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video2_Search_s.asp

今日のつまがり 令和元年第1回定例会6/11(火)一般質問

6月11日午前10:00スタート 令和元年第1回定例会

一般質問の予定は以下の通りです。

1 つまがり俊明議員 市民民主連合 従来
2 木村修議員   公明党  対面
3 藤代清七郎議員 自由市政会  対面
4 滝口一馬議員  自由市政会  対面
5 上田美穂議員  公明党    従来
6 斉藤誠議員   市民民主連合 従来
7 坂井洋介議員  日本共産党  対面

本日は、つまがり俊明が特別支援教育と行政改革プランを中心に質問します。
お時間ある方は傍聴やLive中継などで、その姿をご覧くださいませ。

質問内容などの詳細は下記を参照に!

https://www.city.funabashi.lg.jp/assembly/001/32/001/p070407.html

★船橋市議会は本会議の様子をLiveでご覧いただけます!

https://funabashi.gijiroku.com/g07_broadcasting_s.asp

★録画はこちら(反映に日数がかかります。過去の本会議を見たい場合にどうぞ!)

本会議
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video_Search_s.asp

委員会
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video2_Search_s.asp

今日のつまがり 令和元年第1回定例会6/10(月)一般質問

6月10日午前10:00スタート 令和元年第1回定例会

一般質問の予定は以下の通りです。

1 橋本和子議員 公明党 対面
2 浅野賢也議員 自由民主党 対面
3 三橋さぶろう議員 市民民主連合 対面
4 今仲きい子議員 みらい@船橋 対面
5 はまの太郎議員 無所属 対面
6 岩井友子議員 日本共産党 対面
7 島田たいぞう議員 自由市政会 従来

質問内容などの詳細は下記を参照に!

https://www.city.funabashi.lg.jp/assembly/001/32/001/p070407.html

★船橋市議会は本会議の様子をLiveでご覧いただけます!

https://funabashi.gijiroku.com/g07_broadcasting_s.asp

★録画はこちら(反映に日数がかかります。過去の本会議を見たい場合にどうぞ!)

本会議
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video_Search_s.asp

委員会
https://funabashi.gijiroku.com/g08_Video2_Search_s.asp

*つまがり俊明は6/11(火)に登壇予定です。

つまがりへぶらさがり【緊急企画!船橋市議会議長選挙の画期的な取り組みとは?】

聞けば聞く程不思議が広がる「市議会」という世界。
毎度毎度、レポすけも勉強させてもらってます。

さあ、今回は緊急ぶらさがり。
まずは前回の「委員会の決め方と正副委員長の選出方法」での、この回答をご覧ください。

つまがり:(中略)前期の最後に会派代表者会議などで一大議論があり、期数とか会派間の駆け引きよりも人物本位、能力本位で決めようという流れができつつあります。今回議長選挙が所信表明を経てなされたのもその一環です。

>>船橋市議会の議長選挙が「所信表明」を経てなされたもの

↑何やらこれが画期的な事らしいのです。
ではこの辺をちょっとぶらさがってみましょう!

レポすけ:つまがりさん、今回の船橋市議会議長選挙では「所信表明を経て」実施されたそうですが、これ、画期的なんですか?

つまがり:画期的なんです!
H29.8の調査によると「議長選挙での所信表明」は全国に47ある中核市のうち12市しか実施されていません。

レポすけ:おお!全国的に珍しかったんですね。
参考までに従来の議長選挙はどのように実施されたのでしょうか?

つまがり:まず、会派代表者会議で「議長を希望する人」を募ります。
希望者が複数になるケースが多いので、議長希望者同士、時には、その会派の会派代表も交えて話し合いがなされます。それが不調となった場合、議長選挙で雌雄を決するというのが、これまでの流れなんです。

レポすけ:やっぱここでも「話し合い」なんですね。でもこれ、会派の代表さんとか、議長候補とか関係者の方以外の人には分かりにくくないですか?

つまがり:そうなんです。議長希望者の考え方や、政策協定的なものは、会派や議員達の水面下で行われるので、その過程は議員以外、時には、一期生議員には全く見えないものでした。

レポすけ:それが慣例だとすると、通常だったら議長希望者が何を思って議長を希望するのかが見えなかったわけですから「所信表明からの議長選」は確かに画期的ですね。この「所信表明してから議長選」はいつから決まってたんですか?

つまがり:今年の3月に正式に決まりました。先期のうちに決めていたのは大きいと思います。

レポすけ:ほほう。先期のうちに「じゃあ、次は所信表明してから議長選やりますね」って決めといたんですね。この選択にたどり着くまではどんな議論があったのでしょうか。

つまがり:明文化まではされなかったのですが、院長や競馬組合議員、四市複合議員、後期高齢者医療組合などについても会派間の調整や期数ではなく、人物や能力本位にしていこうという方向性で議論がありました。
私が初めて議員になった8年前と比べれば、大きく議会全体の雰囲気が変わったと思います。

レポすけ:よくわかりました!ありがとうございました!

いかがでしょう?
なんか、ホントに画期的だったみたいですね!

レポすけCheck!

・所信表明を経て市議会議長選挙を実施するのは47中核市中12市(H29/8調べ)
・従来の方法は基本話合いで決めるが選出過程が分かりにくかった
・会派間調整ではなく能力重視で決めようという流れになった
・所信表明の様子は
船橋市議会議会中継録画でご覧いただけます

令和元年5月21日(令和元年第1回臨時会) では、つまがりも質問をしてますので、是非ご覧くださいませ!

https://funabashi.gijiroku.com/g07_Video_Search.asp?kaigi=41&Sflg=1

つまがりへぶらさがり【議会の委員は何する人ぞ?①船橋市議会 委員会ってどう決める?&正副委員長の決め方は?】

レポすけです!

議会を学校とすると、委員会はクラス、とちょっと前のぶらさがりで解説させていただきました。臨時議会も終わり、無事に委員会も決まった今日この頃。今回の「ぶらさがり」は「委員会の決め方」「正副委員長の決め方」について聞いてみたいと思います!

レポすけ:「文教委員会」と「広報委員会」の担当であるつまがりさん。
まず「委員会」はどのように決めるのでしょうか?
「コレやりたーい!」「いいよ!」ってカンジなんですか?

つまがり:そうですね(笑)
各会派や無会派議員(市議会の会派に所属しない議員)から候補者を出して調整していますが、まずは本人の希望があり会派で調整して「会派代表者会議」に希望が出される感じです。

レポすけ:広報委員会では委員長の任に就いたと伺いました!
船橋市議会の委員会での委員長、副委員長の選出方法を教えてください。

つまがり:議会における様々な役職は会派代表者会議でふさわしい人を指名推薦する、それが整わなければ選挙するという流れです。

レポすけ:ほほう。

つまがり:これまでは会派の人数毎にいわゆる委員長などのポストを配分していました。しかし前期の最後に会派代表者会議などで一大議論があり、期数とか会派間の駆け引きよりも人物本位、能力本位で決めようという流れができつつあります。今回議長選挙が所信表明を経てなされたのもその一環です。

レポすけ:あ。そういえば、今回の船橋市議会では、議長選で「所信表明」をしてから選挙、ってスタイルだったそうですね。
これもあとでぶらさがりしようっと。(レポ)φ~メモメモ

つまがり:私も今回広報委員はやるつもりでしたが、委員長は手を上げませんでした。様々な事情もあるかと思いますが他の会派代表からも推していただき、任につくことになりました。つまり指名推薦です。他の会派の方からも推していただけるというのは大変光栄な事ですので、よりしっかりと務める責任があります。

レポすけ:副委員長も委員長同様、推薦or選挙なんですか?

つまがり:正副委員長は会派代表者会議で適任者は誰なのか、話し合い、そして委員会で指名をするというのが一般的です。
一方で適任者が整わない場合は選挙となります。先期の海老川特別委員会の際には正副委員長は選挙になった珍しい事例でした。

レポすけ:へー。話合いですんなり決まらないこともあるんですね。
まとめるとこんなカンジですね。

【レポすけチェック!】

〇委員会の選び方
委員会は本人の希望を聞いてもらえる
会派代表者会議で調整されることもある


〇正副委員長の選び方
基本的には「会派代表者会議」で適任者を話し合う
適任者が該当しなければ、選挙で選ぶ
近年、人物本位、能力本位で決めようという流れができつつある

なんというか、とりあえず何か決める時でも「話し合い」の場が設けられるんですね。さすが議会。
こちらはあくまでも「船橋市」に関しての事ですので、他の自治体さんはどう決めるのか気になるところです。

議会の委員は何する人ぞ?②では、各委員のお仕事についてぶらさがってみます!皆さま次回をお楽しみに。レポすけでした~!