台風26号の浸水被害と雨水対策

皆様こんにちは。10月に約20年ぶりの浸水被害が船橋であり、雪が降っても地震があっても止まらない新京成すら止まりました。11月の決算委員会や12月の本会議では私も含めて多くの議員の方が取り上げました。今回はこの事についてレポートします。

市内ではどの位の被害があったのですか?

道路の冠水が166件、崖崩れが3件、特に今回顕著だったのが床上床下浸水です。実に250件近くありました。地域としても芝山、習志野台、西習志野、坪井、湊町、二和、金杉、上山町、藤原、日の出、本中山など広範囲で全市的な被害がありました。私が小さい頃はよく海老川下流域が氾濫して、市場小学校などが休校になるということがあったように記憶をしています。大橋市長の時代に海老川下流域の堤防整備や調整池の整備を実施して、もう船橋は全市的な水害はないと言われている中で起きたことには大変驚きました。

続きを読む 台風26号の浸水被害と雨水対策