市民と対話する開かれた議会に向けて

皆様こんにちは。駅に立ったり、地域や同級生の集まりに出ていますと、「船橋市議会は大丈夫か?議会改革はどうなのか?」といったご質問をよくいただきます。先日、子供議会見学会を広報委員会で開催し、私も委員の一人として参加しました。多くの方々が気軽に訪ねてきていただける議会を目指す必要があります。今回は議会改革と議員のあり方についてです。

千葉市議会などでは議員の定数が削減されたといいますが、船橋はどうなのですか?

6月に、千葉市議会では議員定数を54から50に削減しました。船橋市議会も定数は50名です。100万都市の千葉と60万都市の船橋が同じなのはどうなのでしょうか?

昨年の議会に引き続き、議員定数削減の条例が上程されました(定数50名から45名へ)。私は、3年半議会に関わってきた経験から45名でも議会は充分にまわせるということ、市民の気持ちに寄り沿うべきという点から賛成の立場から議会で議論していきたいと思います。市民の皆様のご意見も是非伺っていきたいです。

極論かもしれませんが、私は市民の半数以上の方々が議員は0で良いというならそれでも良いと思います。日本は民主主義社会ですから。例えば町村では、議会を設けないで市民全体で予算や条例を議論するというやり方も認められています。行財政改革、コスト削減という視点もありますが、何よりも市民の皆さんにとって議員の活動や動きが見えない、見えにくいということが問題なのだと思います。

続きを読む 市民と対話する開かれた議会に向けて