平成25年度船橋市の決算について

皆様、こんにちは。だいぶ寒くなってきましたね。平成25年度の船橋市の決算は1,800億円です。予算に注目がいきがちですが、昨年度の事業の反省を次年度に活かしてかなくてはいけません。今回は決算についてです。

船橋の財政状況はどうですか?

船橋市で最も大きな収入は税でそのうちでも大きなウェイトを占めているのが、個人の住民税、固定資産税、都市計画税です(合計818億円、収入の45%)。したがって大きな企業や工場があることよりも、いかに住みやすい魅力的なまちであるかということが市政経営上も大切です。

支出を見ると民生費、教育費、土木費の順となっています。民生費はいわゆる福祉の予算で、少子高齢化時代の中で、保育園、高齢者福祉施設の整備や運営のため、年々必要な額が増えています。現在737億円で10年前に比べて1.78倍(323億円増)です。教育費はソフト事業よりも学校の耐震化や老朽化対策などハード面に大変お金がかっています。

市債残高は2,841億円で、財政調整基金という貯金のようなものは226億円です。これだけを見ると大変な借金をしているようにお感じになる方もいらっしゃると思いますが、借金がすべて悪いわけではありません。下水道や学校施設などのハードについては、何年間に渡って受益があるので、当該年度だけで負担するよりも世代間負担の公平性の観点から借金をすることが望ましいというものがあります。

しかし未来に資産を残さない借金があります。それが、臨時財政対策債といわれるいわゆる赤字地方債です。これは本来地方交付税が入るべきところを国の財政も厳しいので、交付税の変わりに、どうぞ赤字地方債を使ってくださいというものです。現在539億円の残高です。平成25年度では、発行可能額が75億円に対して59億円の発行額と抑制的ですが、財政規律が緩まないようにしていかなくてはいけません。赤字地方債を減らし、財政調整金を取り崩すほうがベターだと思います。

船橋市の借金残高

続きを読む 平成25年度船橋市の決算について