いじめを減らしていくためには

皆様、こんにちは。H25年9月に国でいじめ防止法が施行されました。市ではいじめ防止法のガイドラインといえる「提要」をH25年11月に定め、一年が経ちました。全国的にも取組みが強化される中で、私たちの船橋のいじめの現状についてお伝えします。

いじめの定義って難しいですよね?

かつてはそう言われていましたが、いじめ防止法の制定によって明確になりました。「いじめ」とは、生徒が他の生徒の行いによって、心身の苦痛を感じるものです。

個々の行いがいじめに当たるか否かは、いじめられた子供の立場に立つこととされています。したがって、周囲がいじめと感じていなくてもいじめられた子の視点で考えていこうという点が画期的なわけです。

私自身は小中高と地元の公立学校にお世話になり、先生や同級生にも恵まれ、学校に行くのがとても楽しかったと記憶をしています。しかし最近私のまわりでいろいろな人からいじめの辛い記憶について聞きます。『今は立派に会社の社長をしているけれど、小学校時代のいじめによる不登校で今も読み書きに苦労している方』、『大変優秀な息子さんを持っていたけれど、学校のいじめを機に成績も急降下して、学校との関係に悩んだお母さん』いじめは子供の人生だけでなく、親御さんやまわりの人々も傷付ける卑劣な行為です。

2、3年前に比べていじめの認知件数は増加傾向にありますが、これは潜在化していたいじめの早期発見に努めてきた結果とも言えます。発見後いじめを解消する割合は8〜9割くらいとなっています。

船橋市内のいじめの認知件数

続きを読む いじめを減らしていくためには