議会の現状を打破する心意気で

皆様、こんにちは。5月より2期目を迎え、気を引き締めて議会・地域活動に臨んでいきますので、今後ともご指導をお願い致します。今回は船橋市議会議員選挙の総括です。

史上最低の投票率であったとか?

船橋市議会議員選挙で最も目立ったのが史上最低の投票率でした。平成7年に投票率が50%を下回ってから、ずっと右肩下がりの傾向が続いています。そして、棄権者数は初めて30万人を越えました。白票も前々回は1,500、前回は1,525、今回は1,841と増加傾向です。まちなかでは、「選挙のときに突然言われても70人のうちから選べないよ。」という声もありました。

一方で10人から7人を選ぶ県議会議員選挙はどうだったかと言うと、投票率は36.29%と市議会議員選挙を下回る結果です。

人数が多いからではなくて、やはり市政や議会が身近ではない、論点を提示できていないということですし、現職議員として選挙に臨んだ1人としてもこれまでの議会活動や議会のあり方について反省するべき点があると感じています。

船橋市議会議員選挙の投票数と棄権者数

続きを読む 議会の現状を打破する心意気で