船橋市場の潜在的な魅力

皆様こんにちは。今期から市民環境経済委員会の常任委員となりました。今回委員会として船橋市場を視察してきました。議会は住民から選ばれた議員による合議体ですので、委員会がより活性化するよう積極的に関わっていきたいと思います。

市場の歴史と市の関わり

船橋の市場では、お寿司屋さん、八百屋さん、居酒屋さんといった小売りの店舗の方々に野菜などの青果やマグロなどの水産物を卸しています。

昭和44年に開設され、約40年間、商品の集積・価格決定・小分け配送という3つの役割を果たしてきました。

市場は公営の事業で基本的には独立採算となっています。市場の各区画を卸売事業者にテナントすることによって経営されています。ですがそれだけでは賄えない部分があり、事業の公共性から毎年約2億円の税金を入れながら経営しています。昨今は大手スーパーが独自の流通網を発展させていること、魚の一般家庭での消費が落ちていることなどから、市場を取り巻く経営環境は厳しさを増しています。例えば青果の取扱高(平成26年44,817t、99億円)はピーク時の3〜4割となっています。

だからこそ、持続可能な経営に向けて市場の新しい役割と魅力の発信が求められています。

船橋市場

続きを読む 船橋市場の潜在的な魅力