船橋の臨海部の可能性

皆様こんにちは。先日、所属する委員会にて、東京湾から船橋を臨む機会がありました。船橋の海は大切な地域資源です。この度、臨海部に関する船橋市の基本構想(たたき台)が発表されました。

船橋の海辺

船橋駅南口から南側には中心市街地や船橋大神宮、JR南船橋駅周辺には、ららぽーと発祥の地である、ららぽーとTOKYO BAYがあり、船橋港親水公園やふなばし三番瀬海浜公園などの海に身近に接するものがあります。ただ残念な事にこれらの地区や施設の連続性が欠けており、徒歩でまわれない距離にあります。そこで今回、これらの回遊性を創出するための基本構想が発表されました。

船橋臨海部基本構想

例えば、船橋市場-ららぽーと-サッポロビール園-三番瀬海浜公園を水上バスでつなぐこと(上図の青い点線)。レンタサイクルを整備して、JR船橋駅-船橋大神宮-船橋競馬場駅-ららぽーと-南船橋駅-谷津干潟自然観察センターをつなぐなどです(上図の緑色の線)。これによって、市外や海外からの観光のお客さんを呼び込んでいく可能性も出てくるのではないでしょうか。

続きを読む 船橋の臨海部の可能性