私たちの船橋市のお財布事情はピンチ??

毎年約40億円貯金が減少

「船橋は公営ギャンブルもあるし、財政は余裕があるでしょ!?」と市民の方によく言われますが、そんな事はありません。毎年40億円規模で貯金を切り崩しながら自治体経営(予算規模は2,000億円)をしているのが実態です。

しかも平成30年度決算では推計の▲18億円を大きく上回る▲40億円でした(H20年に全国トップクラスだった職員給与ですが昇給をストップするなどの給与構造改革により現在は県内でも平均的)。市民の皆さんとオープンに話し合いながら、政策の優先順位を考えていくことが必要ではないでしょうか?不都合な事実も市民の皆さんと共有して、ざっくばらんな意見交換から未来を創りあげていきませんか?


2/16(土)野田よしひこ&つまがり俊明 車座座談会

テーマ:私たちの船橋の財政と皆さんが願うまちづくり(つまがり俊明)

ゲスト:衆議院議員:野田よしひこさん ~国政の状況を語る~

日時・場所: 2/16(土)
(1) 10:30~11:30 新高根公民館 音楽室(住所:船橋市新高根1-12-9)
(2) 13:00~14:00 東部公民館 第3集会室(住所:船橋市前原西2-21-21)

参加費:無料 ※定員25名程度

構成:
つまがり報告(10分)
ゲスト:野田よしひこさんのお話(10分)
質疑・フリートーク・茶話会(40分程度)

申込み:準備の関係上、連絡先ページの連絡先より事前にご連絡いただけると幸いです。もちろん、飛び入り参加、途中参加も大歓迎!


1/12(土)公約検証大会を開催しました!

埼玉県越谷の市民団体フラット(第12回マニフェスト大賞優秀賞受賞団体)から提案があり、つまがりが掲げた公約2015(皆との約束!)について市民の皆さんと共に検証し交流をしました。テーマは「障がい」と「こども」にテーマを絞り、「できた事は何なのか、できなかった事は何故なのか」。つまがりから報告をしました。そして行政や専門家や当事者や市民から見たらどうなのか。もっとどうすれば良いのか。お互いに現場の知恵や意見を出し合いました。会場参加者相互の意見交換も大変盛り上がり、終了時間を30分延長するほどでした。その後、ランチをしながらの交流会を行い、初めての公約検証大会を終えました。参加者からの感想は↓です!

<子育てママ>

和やかな雰囲気で、分かり易いお話でした。また、福祉や教育の分野で、民間・公・議会がうまく連携できたモデルをご紹介いただきました。地域のために尽力されている方々のお話は興味深かったです。今後、行政について、今回のような相互方向できる気軽な交流が増えると、まちへの興味や市政への関心がもっと高まっていきそうです。

<経営者>

公約検証大会に初めて参加させて頂きました。常々「議員さんの選挙前の公約が選挙後どうなっているか」なかなか知る事ができないと思っていました。計画(4年前の公約)→検討(具体的実現項目)→実施(行政の説明もあり)→検証(今回)のプロセスと内容が理解できましたし、議員の人柄と支援者、実行力の判断がつきました。これからの投票は、情報発信とフィードバックが影響するんでしょうね。これからも期待しています。

<さくま一生> 

立憲民主党:豊島区議公認候補

「障がい」と「こども」の課題について、当事者、施設などの現場、行政の担当、市民、そして津曲さんとがおなかから言葉を発し、ひとりひとりのリアリティーを理解しあい、次のステップ、政策につなげていく。私にとって、この対話の場は深い学びの場でした。政治の力、可能性、そして責任を感じた場でもありました。津曲さんは私のロールモデルとなりました。


2019~2023年度 つまがり行動理念と取組み(案)

本年もよろしくお願いします。2019年4月に船橋市議会議員選挙が行われます。市議会の任期は4年です。

私の2019年度からの行動理念と取組み(案)のたたき台を創りました。「ああでも無い」、「こうしたら船橋がもっと良くなる!」、「こういった事に困っている」、多くの市民の皆さんから、是非、多様なご意見をお待ちしています。

皆さんと一緒に足元の船橋を考えるきっかけになれたらと願っています。

【前文】

私の政治の原点は大学生の時に、縮小する商店街で1軒1軒アンケート調査をしたことです。

難しい時代だからこそ、政策の優先順位を決めるにしても、地域で市民参加の扉を開き、皆さんの政治への声、市政への意見を伺い、丁寧に物事を進めていくことが必要ではないでしょうか?

立憲民主党としてもトップダウンよりもボトムアップの政治を目指しています。また若い頃に霞ヶ関、県庁で行政を経験した者として、「財政無くして政策無し」だと思っています。

現実的かつ財政的な視点から、一部の利益や今だけの政治ではなく全体最適・未来最適を見据えた取り組みが大切ではないでしょうか?

最後に私の師匠はパナソニックの創始者松下幸之助翁です。社会を進化させる種は机上ではなく現場にあるのではないでしょうか?現場第一をモットーに行動していきます。


【私が大事にしたい事と具体的に取り組みたい事】

○人間大事 ~人は生れながらに等しく尊い存在~

(実現するための取組み:例)

◇障がいのある人の支援(活躍の場づくり、教育、居住環境の改善)

◇人権教育の推進をはじめ、あらゆる非人間的な差別や虐待を無くす対策を推進

◇(政策募集中!)

○困った時は、お互い様 ~共に支え合い分かち合う共生社会~

(実現するための取組み:例)

◇親へのサポートを重視した子育て支援

◇介護、保育、障がいなどの福祉分野の人材誘致・育成のさらなる強化

◇健康増進や健診への取組みを強化し健康寿命を伸ばす

◇(政策募集中!)

○物と心を豊かに ~幸せの後押しとしての豊かさ~

(実現するための取組み:例)

◇ベンチャー・社会起業家の創業を支援する(インキュベーション)拠点の創造

◇再生可能エネルギーの活用

◇コミュニティバスをはじめとした都市交通政策の再検討

◇空き家・空店舗の活性化

◇船橋市場のリノベーションの検討

◇(政策募集中!)


1/26(土)つまがりフェスタ(祭りの出店のようなもの♪)の開催!

○日時:1/26(土)☆参加費無料:飲食コーナーは有料です!☆
12:30~14:30 つまがりフェスタ
・つまがりへの質問1,000本ノック、サンドイッチなどの飲食コーナー(予定)

○会場:酒どっとコム前原図書館 4階やつやホール(前原駅徒歩2分、成田街道沿い夢庵のならび)
・住所:船橋市前原東4-13-3

○申込み:後援会事務局メール([email protected])又はFAX(047-449-2695)※飛び込み、大歓迎!