新たな市議会がスタート「広報と文教施策へ注力!」【船橋一直線!84号】

議会での近況について

船橋市議会議員選挙を終えて、早1か月が過ぎます。
6,976票、上位で当選させていただくという過分な評価をいただきました。気持ちを引き締めて日々臨んでいきたいと思います。
個人としては充分過ぎる結果でしたが、市議会では投票率が過去最低、県議会よりも低くなりました。
過去を振り返っても下げ止まらない状況です。

船橋市議会議員選挙の推移
船橋市議会議員選挙の推移

政治全体への「しらけ」もあるかと思いますが、やはり市政や市議会が市民生活とどうつながっているのか、見えない、何をやっているのか、わからないというのが大きいと思います。
私個人としての発信を強化していくことは勿論ですが、議会全体の発信の必要性を感じます。
経済の世界では、競争相手がある様々な業界においても「業界」全体の信頼を上げるための取組みがあります。

しかし政治においてはいささかそういった取組みが足りないと感じます。
この取組みの拠点となるのが市議会の広報委員会であると思います。
5/21、22そして5/30~7/3に議会が開催されています。この議会で広報のより活性化を図る議論を喚起したいと考え広報委員を希望しました。
また他会派の皆様からもご推薦いただき、広報委員長を拝命しました。市議会全体の広報の強化、信頼の向上を目指して委員会の議論の活性化を図って参りたいと思います。

就任した文教委員とは?

6年ほど前に2年間務めました文教委員会。
学校教育と図書館・公民館といった社会教育、いわゆる大人の学びの場を担当する委員会です。

特に私は船橋市における特別支援教育(障がいのある子ども達も学びやすい環境をつくっていくこと)の強化を求めてきました。
船橋市では市立特別支援学校を独自に設立し力を入れてきました。
しかし市内の小中学校における特別支援学級の設置割合は小学校54校のうち26校(48%)中学校27校のうち15校(56%)です。
全国的に見ても船橋市は設置校の割合が低い状況です。(下記グラフ参照)。

特別支援学級の設置割合(中核市)
船橋市と同規模である全国58中核市を緊急に調査し、57市から回答を得ました(1市は未回答)。

文教委員会では一委員としてしっかりと問題提起をしていく覚悟です。
特別支援教育は福祉分野との連携も重要になります。
引き続き大学の専門家の先生方からも知見をいただきながら取り組んでいきたいと思います。
また市民の皆様からのご意見もお待ちしております。

高根台第三小学校
私の地元高根台第三小学校では、3つの特別支援学級が設けられています。知的障がい、自閉・情緒の障がい、聴覚障がいです。障がいのある子も無い子も共に学び合う取組みが進められています。

つまがりへぶらさがり【会派って何?から始める「会派」についての初歩的ぶらさがり】

レポすけです!
前回は「委員会」についての質問から、「議員」「委員会」「会派」からなる「市議会の構成」についてあれこれお尋ねしました。
さあ、今回は「会派」について迫ってみます!

レポすけ:つまがりさんは今期「市民民主連合」という会派に所属ということになりますが、「会派」とは議員さんから見てどのような集まりなんですか?派閥とは違うのでしょうか?

つまがり:議会の控室を共にできるグループといったところでしょうか。
派閥ですと領袖、強いリーダーがいる縦の関係のイメージですが、会派はより水平な関係のイメージです。
ただ、議員さんの期数や政党所属の有無によって、十人十色のイメージだと思います。

レポすけ:政党名がそのまま会派の名前になっているケースもありますが、 「会派」と「政党」の違いについてざっくり教えてください!

つまがり:会派は政党を越え得る人間関係といったところだと思います。日本の政党政治は、基本的には国政との関係になります。
地方分権、地方自治が進む日本社会の中では、政治の世界でも国政=地方政治とはならなくなってきています。

レポすけ:…ということは、 真逆の考えを持つ党同士が「会派」として繋がることもあるんですか

つまがり:あります。
私が当選した頃は、賛成反対の議決態度が同じでなくてはならないというある種の「拘束」が強かったです。しかし今は会派に責任を持つよりも、選んでもらった市民に対して責任を持つべきということで、議員1人1人が判断をしていく時代になっているということが背景にあるのだと思います。
船橋のような大選挙区では市民の皆さんは政党ではなく個人名を書いて投票しているわけですから、一人一党といった性質も強いこともあると思います。

レポすけ: 「会派」には必ず所属しないといけないのでしょうか?

つまがり: ありません。学校で例えるなら部活に入らなければ学校やクラスに出席できないということは無いのと一緒です。

レポすけ:あ、そっか。
つまり、会派に所属する、しないは議員個人の自由なんですね。

つまがり:そういうことです。

レポすけ:たとえば4年間の任期が終わったあと、会派は次のメンバーが決まるまで存続なんですか?

つまがり:4年ごとに全てリセットされます。
議長も任期が終われば、次の議長が選出されるまで空席ですから、会派も届けが出されて初めて正式に結成となります。
ただし、再選された議員の荷物は、前期の会派室に一定期間置いておいて良いといった感じです 。

レポすけ:会派を作る時に使ってはいけないNGワードや表現はありますか?

つまがり:基本的には無いと思いますが反社会的なものは許されないと思います。それから会派名が重複することも無い様にします。

レポすけ: 例えば、全くペーペーの新人議員がいきなり「豆大福で市民の幸せを願う会」と作るのは可能ですか?

つまがり:豆大福(笑)
船橋市議会では会派は3人からというルールがありますので、3人集まれば可能ですね。

レポすけ:正直ここまで自由度が高いとは思いませんでした。
ある意味夢が広がりますね!
あ、そういえば当選したてホヤホヤの新人議員さんは何を基準に自分が所属する会派を選ぶんですか?
部活動みたいに会派紹介PRタイムとかあったり?

つまがり:新入部員の勧誘みたいなものがあります(笑)

レポすけ:ところで「会派」に入ると何かお得なことってあるんですか?

つまがり:いわゆる交渉会派というか、会派代表者会議や議会運営委員会などに正式メンバーとして会派の代表者を出せる(1人会派もオブザーバー参加可能なケースも多い)。
会派毎に控室が割り当てられる(1人会派でも個室では無いが控室スペースは有り)。委員や委員長など役職が選びやすいといった点でしょうか。

レポすけ:なるほど。ありがとうございました。今回は初歩的と言うことですので、一旦ココまでにします。

ではレポすけCheck!

「会派」の素朴なギモンをまとめると以下の通りです

必ず所属しなくてもよい
・任期4年ごとに一旦リセット
・新しい市議会のスタート時に会派を決める
・会派は政党を越え得る人間関係
・新人でも3人寄れば会派を作れる
(*自治体によって人数に違いあり)
・委員会や委員長などの役職が選びやすい

いかがです?ちょっと「会派」が身近になりましたね。
皆さまの気になる議員さんはどんな会派に所属しているのでしょうか?
会派を知る事で議会の傍聴や中継も興味深く見ることができますね。
それでは次回もお楽しみに!

今月から開始される船橋市議会の予定について

5月30日~7月3日まで開催される「令和元年第1回定例会」(開催予定)

この議会での議案(議題)の説明資料が手元にきました。

約2億の補正予算をはじめ20議案が市長より提案される予定です。
7号議案など火災予防条例の規制緩和などに注目しておりますが、詳しい内容は来週から各会派ごとに始まる議案説明会で明らかになります。
注目するものがありましたら、是非ご意見をいただけたらと思います。

また明日臨時会が開催され、議長など役職の選出、決定があります。(開催予定)

この詳細についてもおってお伝えしたいと思います。

つまがりへぶらさがり【実は議員の主戦場? 目からウロコの「委員会」について】

ある日のこと。
つまがり&レポすけ豆大福ミーティングでの一幕

レポすけ:つまがりさん、つまがりさん、ぶらさがりで「会派」のことやりましょー

つまがり:いいですねえ

レポすけ:例えば「議会」「学校」だとすると「会派」って「部活動とかサークル活動」みたいなもんですかね

つまがり:そうですね。「委員会」がクラスみたいなものだとすると、「会派」「部活動」みたいなポジションです

レポすけ:ん?ちょっとタイム。「委員会」がクラスなんですか?

つまがり:「議員」は必ずどこかの「委員会」に所属しないといけないので、「議会」「学校」に例えると「クラス」かな、と僕は思います。

レポすけ:いや。初耳っす。まず「会派」に入ってから「委員会」に入るのかと思っていました

まがり:いやいや。「委員会」「議員」にとって主戦場ですからね。

レポすけ:いやいやいや!主戦場?「委員会」って主戦場だったんですか?

つまがり:主戦場ですねー

レポすけ:マジっすかーーーー!豆大福食ってるばあいじゃない!まずは「委員会」についてぶらさがります!


と言うことがあり、レポすけのように「委員会って何ぞや?」と思う方のため、「会派」よりも先に「委員会」についてぶらさがります!

【議員さんが必ず所属する「委員会」について】

レポすけ:えーとまず、どんな委員会があるか知ってもらいましょう。
資料によると、船橋市には以下の委員会が存在します。

議会運営委員会
予算決算委員会
建設委員会
総務委員会
市民環境経済委員会
健康福祉委員会
文教委員会
広報委員会
特別委員会(海老川上流地区のまちづくり調査研究特別委員会)

これらの委員会に50人の議員さんが必ず所属しないといけないんですかね?

まがり:うーん。
まず、政策的な5つの常任委員会があります。
総務、健康福祉、市民環境、建設、文教です。原則として、これらの委員会は10人で構成されており、各議員はいずれかの委員会に所属します

レポすけ:なるほど。まず基本は常任委員なんですね。
つまがりさんは「クラス」と例えてましたが、自分で好きな委員会に入れるんですか?

つまがり:希望は出せます。会派代表者会議で調整します。

レポすけ:例えば一つの委員会で同じ会派の人がいっぱいいる、という状況ってあり得ますかね

つまがり:あり得ないわけではありませんが、5人の会派であれば上記の5常任委員会に割り振るように調整して会派代表者会議にのぞみます。
6人以上であれば、例えば健康福祉には2人、その他は1人とかのケースがあります。

レポすけ:委員会って任期中ずっと同じなんですか?何年かで変えたりします?

つまがり:船橋市議会では委員会は2年交代としています。県議会では1年のようですね。
ただ様々な事情で船橋市議会でも途中で変えたりします。
変える時には原則会派内での委員会移動です。
例えば、先期でいえば、市民共生の会のつまがり議員の市民環境経済委員を同じく市民共生の会の神田議員の文教委員と差し替えるというものです。

レポすけ:なるほど。いわゆる「クラス替え」みたいなものですね(笑)

レポすけ:では一通り話を伺ったところで「市議会」を「学校」に例えてまとめてみましょう。

「生徒」=議員
(退学(辞職)にならない限り立場は変わらない)

「クラス(教室)」=委員
 (議員が必ず所属しないといけない)

「部活動」=会派(近い価値観を持った人が集まる
*所属しなくてもいい

これを踏まえて「市議会」の構成を整理するとこんなカンジですね。

議員→「絶対変わらない立場」
委員会→「義務で加入する組織」
会派→「義務じゃないけど政治活動をするためなら入っていた方がいい組織」

レポすけ:↑あってます?つまがりさん。

つまがり:そんな感じですね!

レポすけ:…ってことは、市長は校長先生?(笑) 市役所の人が教職員とか。

つまがり:教材(議案)の主たる提供者、説明者として、「先生」は市長さんや市役所の人と言えるでしょう。
教材は議員自身も出すので議員自身も「先生」になり生徒と議論するというところでしょうか。
この場合の「生徒」を送り出す側の「親」が市民や支援者といったところでしょうか(笑)

レポすけ:なるほど。よーくわかりました!ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?
「委員会」の存在が議員さんにとって非常に重要なポジションだったことがよく理解できました。
各々の役割がわかったところで「委員会編」は一旦置いといて、次回は「会派」についてのぶらさがりに挑みます~!

つまがりへぶらさがり【初登庁した議員さんの一日は諸々忙しいらしいです】

レポすけです!
平成から令和に移り、フレッシュな議員生活のスタート! 初登庁した議員さんは一体何から始めるのでしょうか?
令和元年、3期目を迎えたつまがりにぶら下がってみました!

レポすけ:つまがりさん。胸に付けてもらったソレはなんですか?

つまがり: これは議員章、いわゆる議員バッジです。

レポすけ: 議員章には何か秘密のチカラが隠されているのでしょうか?
なんかこう、ピンチの時に無線になってロボを呼び出せるとか、キラっと光って変身できるとか、売店で見せると豆大福もらえるとか。

つまがり:ありません!大福割引してもらえると嬉しいですね^^

レポすけ:ですよね。さすがに大福の割引はないですよね(苦笑)
大福はさておき、議会の日は必ず議員章を付けないといけないんですか?
忘れると怒られたりバケツ持って廊下に立たされたりします?

つまがり:国会では議員章は通行証になっていて首相でも忘れると入れないということがあるようです。市議会ではそんな事はありませんが、登壇して質問する時は特に付けていないとかっこ悪いという感じです。付ける機会は議会の日や地域の式典などですね。

レポすけ:まさに議員の証ってとこですね。
ところで、初日はなかなかにお忙しそうでしたが、初登庁初日は具体的に何をするのでしょうか?

つまがり:決まっているわけではありませんが、今日は市長から簡単なご挨拶があり、議員1人1人の紹介がありました。初顔合わせといったところでしょうか。加えて次回の議会だよりに載せる写真を撮りました。 それから議会の駐車場に停める車のナンバーを登録したり、政務活動費の振込み口座を登録したりと様々な申請ごとをこなします。

レポすけ:「市議会だより」ってコレですね。ウチのポストに入ってました。来月号が楽しみですね。
あ、ちょっと気になったんですけど「議会の駐車場に停める車のナンバーを登録」と仰ってましたが、議員専用の駐車場があるんですか?

つまがり:議会専用のスペースはありますが、人数分はないのではみ出る事があります。

レポすけ:なるほど。50人分確保しているってわけじゃないんですね。まあ車持っていない人もいるだろうし。

つまがり:あと、今一番動いているのは「どのような会派」をつくるかですねえ。会派の全体像が見えてきたら、あらためてお話できたらと思います。

レポすけ:ちょうど「会派」についてもギモンに思っていた所だったので、別途「ぶらさがり」でお尋ねしたいと思います!

レポすけ:それと SNSで「政務活動費の収支報告書」の整理をしたと報告されていましたけど、本年度の政策費というのも本日支給されるんですか?

つまがり:支給日は原則3か月に1度で、7/10、10/10、1/10、4/10となり、先払いです。この「先払い制」というのが不正請求の原因となっているという話もあります。領収書を添付することは変わりませんが、必要なぶんだけ請求して後払いにしていくというほうがベターな気はします。

レポすけ:へー。三か月に一度の支給なんですね。あ、市議会のHPにちゃんと書いてあった。
そう!船橋市議会は「政務活動費」についてオープンにしているんですよね。

つまがり:市民の方から預かったお金ですので、その使い道についての説明責任は当然ですよね。

レポすけ: つまがりさんを含む、他の船橋市議さんの政務活動費収支報告書も掲載されてるし、皆さんにも是非チェックです!

船橋市議会 政務活動費


何かと手続きや登録や会派のあれこれで忙しない初登庁。
また一つあらたに生まれた「会派に関するぶらさがり」も後日アタックしますので楽しみにお待ち下さい!
レポすけでした!